intermezzo

舞台とアイドルとスポーツが好き

花組『邪馬台国の風/Santé!!』(東京宝塚劇場・8/15)〜演出のヤバさ・組の成熟と新鮮味の両立の難しさ

 花組は本公演しか観ないから、『雪華抄/金色の砂漠』以来の観劇。2番手のキキちゃんこと芹香斗亜さんが、先日宙組への組替えが発表になり、花組でのキキちゃんを見納めようと見に行った。

 

 お芝居『邪馬台国の風』は、大劇場での初日以来けちょんけちょんに言われている通り、ツッコミどころ満載すぎてある意味で衝撃だった。

 お話のつまらなさや説明不足以上に、演出がヤバい。マジでヤバい!!って語彙力ゼロの感想を抱くレベルでヤバい。頑張って説明しようとすると、たぶん古い。観ながらベルばらを思い出してしまったから、相当な古さなのでは……。

 具体的には、盆→回らない、背景→変わらない、場面→転換が少ないのに雑、演者→捨て台詞を吐いたら全力疾走で捌ける、歌→わりと脈絡ない、銀橋→ただの通路、こんな感じ。言い方悪いけど、全力疾走で捌けるのとか、ほんとに学芸会感があってクラクラした。どうしてこうなった。

 はじめこそ脚本の説明不足とか唐突さが衝撃すぎて何かあるたびに「は?!」って笑いを堪えるのに必死だったけど、衝撃に慣れちゃうと眠い。このお芝居を複数回見るのキツいし、出てる組子は一生懸命だけどどんな気分なんだろうって思ってしまった……花組は好きだしこんなことを思いたいわけではない!!

脚本・演出の中村暁先生の本公演でのお芝居新作は『麗しのサブリナ』以来7年ぶりらしいので、できれば感覚をアップデートしてほしいな……中村暁先生は個人的にはショーの方が好きだなと思った。

 

 ショー『Santé!!』は楽しかった!

 オープニングの弾ける楽しさ眩しさに、私が観に来たのはこれだー!!って満たされた……。男役の女装祭りはあまり歓迎しない派だったけど、今回は単純に眼福だった〜みんな綺麗!特に明日海りおさんは人間じゃない何か美しい存在って感じだった。あと、目当てのキキちゃん!かわいい系の人だと思っていたのに、すっかりシャープにお美しくなられて、見ててドキドキした〜!今のキキちゃんの容貌には危うげな美しさがありますね……。

 ただ、気になったのは、今の花組って良く言えば成熟、安定してるけど、悪く言えば新鮮味がちょっと足りないなあと。

 花組の本公演で洋物ショーは2015年の『Melodia』以来なんだけど、当時私は、花組の男役の体制って良い意味で強く安定しているなと感じてた。明日海・芹香・柚香のトライアングルに加えて、スター格の瀬戸・鳳月・鳳・水美のピラミッドがガチガチに堅くて、どんな場面でもフロントにいて目立つのはこの7人。それが当然と思わせるだけの突出したスター性。AKB48の神7的な安定と強さ。ここにゆきりん柏木由紀さん)は入れないんだね、みたいな感覚。

 そしてSanté!!。Melodiaから1年半、去年ミーマイでPちゃん(鳳真由さん)が退団。Santé!!でも上の6人の面々だけで主要なパートを占めていて、率直に言うと、代わり映えしないなと思ってしまった。娘役はそうでもないんだよね。研4の音くり寿さんは既に大事な戦力になって活躍してるし、他にも舞空瞳さん・華優希さんとか下級生に目が行く構成になってる。

 MelodiaからSanté!!の間に、新たに新人公演の主演をした男役は優波・綺城・飛龍の3人。主演はしていなくても、頭角を現している亜蓮・帆純・聖乃もいる。まだ実力が及ばない人もいるかもしれないけど、れっきとした若手スター候補じゃないですか?私が主に応援してるのは他の組だけど、今の彼女たちを見るのを心から楽しみにしてるのに、あまりにもMelodiaからポジションが変わってなくて、本気で驚いた。Melodiaの時点でも後列の彼女たちをオペラグラスで探して見てたのに、今回も同じことをするとは思ってなくて、ほんとに残念です。

 私は何も、花組神6(と勝手に呼ばせてもらう)が目立つのが嫌とかではない。Melodiaでは神7体制を見て強いサイコー!!って思ってたし、今も突出したスター性があると思ってる。個人に目を向けると、キキちゃんは実力もビジュアルも大幅に向上して素敵な2番手になったし、れいちゃん(柚香光さん)も安心して見られる実力になってきた。ただ、当時は研7で新公学年だったれいちゃん・マイティ(水美舞斗さん)も今や研9、中堅です。だから、フロントにせめて1人は新公学年の若手を入れて「おお、花組にはこんな若手スターがいるんだなー新鮮!」って感じさせてほしい。

 誰か人が抜けないと新しい人が使われないのって、言ってしまえば年功序列なんだよね。だから誰かが辞めないといけない雰囲気になるんじゃなくて、そこは演出家が上手く少しずつ使ってほしい。ただそれでも、神7からPちゃんが抜けて、そこに1人入れて7人フロントにすれば自然に納得したんじゃないかと思う。それが6人のままだから、バランス悪くなってマイティが割りを食ってる場面も正直あった気がした。タカラヅカってトップスター頂点で奇数なのが安定するからかな。

 次のショーは『ポーの一族』の後なんですよね。それまでショーでの新たな経験を得られるのを待たないといけない。もちろん、私が観に行ってない全国ツアーのショーでは若手がいい場面で使われてるだろうと思う。けど、宛書の新作ショーで自分のパートをもらうのが一番の経験だと思うから、次のショーではなにとぞよろしくお願いしたい!素敵な若手スター候補の活躍を見られるのを楽しみにしてます。